車買取りと下取りの違い

車を売るときには、前もってそのための知識を身につけておくと安心して売却することができます。たとえば、車買取りと下取りの違いです。どちらも車を引き取ってもらうことではありますが、その仕組みは異なります。中古車の買取りの価格は、市場の動きや人気が大きく影響します。これらの相場をリアルタイムで把握している場合は、当然相場の価格の動きを買取り価格に反映できるのです。車買取り業者はこの中古車市場の相場を熟知しています。特に全国展開で営業を行なっている買取り業者は全国統一基準を設けているため、地域によって変動があるということもありません。ですから、高い値段で買取りを行うことができるのです。一方、下取りでは全国の中古車の相場をリアルタイムで把握することは難しくなります。下取りの査定基準が曖昧で、業者によってその下取り価格にばらつきが出るのです。このように下取り業者ではリスクが大きくなるので、車買取り業者に査定を依頼した方が有益な結果を得ることができます。

エクストレイルの買取査定

ストリームの下取り査定は車買取UP

キャラバン 買取